安井友梨の経歴と学歴!「世界選手権で圧倒的なオーラ」【情熱大陸】

エンタメ

2022年11月13日(日)の情熱大陸に、安井友梨さんが出演されます。安井友梨さんといえば、ビキニフィットネス女王として話題の人物です。安井友梨さんの経歴についてまとめました。また、安井友梨さんのプロフィールや学歴についても見ていきます。

あいにょん(大塚愛里)がやばい!森敬斗と中絶トラブルで自殺未遂?

安井友梨のプロフィール

安井友梨さんが極める「ビキニフィットネス」とは、ほどよく筋肉がついた健康的なプロポーションのことをいいます。ビキニフィットネス女王と呼ばれる安井友梨さんのプロフィールをまとめました。

名前:安井友梨(やすいゆり)

年齢:38歳

生年月日:1984年1月13日

身長:174㎝

体重:52㎏(大会期間中) オフのときは66㎏

出身地:愛知県

血液型:О型

職業:オーストラリア・ニュージーランド銀行の銀行員(外資系金融営業職)

趣味:筋トレ

特技:ビキニフィットネス

安井友梨さんは、30歳を過ぎてからビキニフィットネスを始めています。きっかけはダイエットのためでリバウンドしてばかりだった体を変えたいというものでした。

安井友梨さんが究極の美ボディを手にするために相当な努力をしてきました。また、完璧なボディをキープするために仕事が終わった後にはジムに通い、鍛えているそうで日々の努力も欠かしていません。


安井友梨の経歴「オーラに圧倒される」

安井友梨さんはフィットネスビキニを始めてわずか10か月で、全日本選手権で優勝した人物です。受賞歴をまとめました。

・JBBFオールジャパンフィットネスビキニ選手権大会:2015年〜6連覇中

・2018年アーノルドクラシック【日本人初のアマチュアビキニ部門4位】

・2019年アジアビキニフィットネス選手権総合優勝

・2021年IFBB世界フィットネス選手権 準優勝

数々の受賞歴がある安井友梨さんですが、得にすごいのが全日本選手権では2015年から6連覇中ということです。

ビキニフィットネスの大会で受賞できるのは、健康的な食事や、毎日のトレーニングを欠かさないという安井友梨さんの努力のたまものです。

安井友梨さんが選手権に出場している映像を見ると、他の選手を圧倒するほどのオーラを持っています。常に笑顔で自身に満ち溢れている姿に憧れます。


安井友梨の学歴

出身高校:愛知県立松蔭高等学校

出身大学:椙山女学園大学

安井友梨さんは、愛知県出身の方で、高校も大学も愛知県名古屋市の学校を卒業しています。

愛知県立松蔭高等学校はトップレベルの進学校です。進学校を卒業しているだけあって、安井友梨さんはとても頭が良い方です。

さらに、椙山女学園大学も偏差値が高いです。トップレベルの高校や大学を卒業していることから、く安井友梨さんは勉強も熱心に頑張っていたことがわかります。

安井友梨さんの出身大学である椙山女学園大学は、女子が多い大学なのですがお金持ちの生徒が多いことでお嬢様学校とも呼ばれています。

お嬢様学校出身の安井友梨さんですが、ご実家がお金持ちという情報があります。

大学時代はニュージーランドに留学していた

誕生日には家族からエルメスのバーキンをプレゼントされた

メディア出演した際に、上記のお金持ちエピソードを話しています。このお金持ちエピソードから、安井友梨さんの実家はかなりのお金持ちであることがわかります。

また、安井友梨さんの言葉遣いはとても丁寧で上品です。安井友梨さんの上品さはご実家のしつけや、学生の頃から身についていたのでしょうか。

安井友梨さんの丁寧な言葉遣いは、銀行員としてバリバリ働く今も活かされていますし、テレビで拝見していても好感度が高いです。


【情熱大陸】安井友梨の世界選手権に密着「ビキニフィットネスを伝えたい」

2022年11月13日(日)の「情熱大陸」に出演する安井友梨さん。世界選手権への密着取材は約2か月にも及びました。

また、安井友梨さんにとって情熱大陸に出ることは長年の夢だったようです。ビキニフィットネスはマイナーな競技なので、まだまだ知らない人が多いです。

安井友梨さんは「ビキニフィットネス」という競技を多くの人に知ってもらいたい、応援してもらいたいという思いでいました。

そのためにSNSなどでビキニフィットネスについて発信していますが「情熱大陸」で紹介できる日がきたことに安井友梨さんは喜びを感じていました。

さらに、ビキニフィットネスを始めて人生がガラッと変わった安井友梨さんは、「ビキニフィットネス」という競技に感謝し恩返ししたいという気持ちを持っています。

純粋な気持ちでビキニフィットネスを極め、努力し紹介している安井友梨さんの思いを情熱大陸でみることができるのはすごく楽しみです。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました