silent(サイレント)第1話あらすじ・ネタバレ感想!想い合う2人の切ない物語

2022年秋ドラマ

2022年秋の新作ドラマ「silent」が始まりました。

「silent(サイレント)」は川口春奈さんが主演のドラマで、切なくも温かいラブストーリー。

2022年10月日22時に放送されたドラマ「silent」第1話のあらすじ、ネタバレ、感想をまとめました!

silent(サイレント)第1話あらすじ

高校時代に彼の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口春奈)は3年の時に佐倉想(目黒蓮)と同じクラスになる。

中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、二人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり、愛おしいかけがえのない時間を過ごしていた。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬だったが、紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。

何が理由なのかもわからないまま振られた紬。8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は…

引用:silent公式サイト(フジテレビ)



silent(サイレント)第1話ネタバレ感想

「silent(サイレント)」第1話のネタバレありの感想です。

紬は横井に佐倉を見かけたと話すと、転校してきて紬を振ったと言いました。

さらに、古賀の送別会にもこなかったと言いますので、佐倉が紬に対して不誠実なことをしたのか、犯罪行為をしたのかと思いました。

また、戸川にとっては紬と佐倉が再会しない方がいいと、当時の同級生に戸川が言われたので戸川とも因縁があるのかと思ったら、まさか難聴の病気になったのが原因とは衝撃です。

それでも心優しい戸川は、佐倉の大学まで会いに行ったら「紬はもういらないからあげる」と言われたようです。

戸川も佐倉の病気を知らなかったので、佐倉の家に行くために連絡先を萌に聞きました。そして、萌があのことを知っているのかと問うと、戸川は「うん」と答えてカマをかけます。

佐倉が耳が聞こえなくなって友達を作らなくなったと判ったのは、あまりに遅かったことに気づきました。

一方、佐倉は、すっかり悪者になってしまいましたが、難聴という過酷な運命を、受け止め切れなくて、絶望のうちに現実逃避をしたのだと解釈します。

次回、紬は戸川になぜ教えてくれなかったのかと問い、手話を勉強しようと決意するようで、消えかかった佐倉への思いが復活して、桃野との三角関係になりそうです。

又、心優しい戸川は、佐倉の為に、紬を諦めるのか注目です。


silent(サイレント)第1話見どころ

ドラマ「silent(サイレント)」第1話の見どころをご紹介します。

印象的だったシーンは、戸川が佐倉想から青羽紬に彼氏がいないかと聞かれたと伝えると、戸川は紬に佐倉に告白しろと言う場面が微笑ましかったです。

青羽紬と佐倉想は2人とも愛し合っていて幸せの絶頂だったのに、嘘だとしても「突然、好きな人が出来て別れたい」というメールで終わったのがショックでした。

青羽紬は、振られましたが佐倉想のことが本当に大好きだったので切なくなりました。

また、佐倉想も18歳で難聴になったことで青羽紬との交際を諦め、好きな気持ちのまま別れを伝えたことが切ないシーンでした。

お互い好き同士なのに、相手を想うことで「別れる」決断をすることはとても悲しいことです。

それでも、振られた青羽紬は真実を知らされていなかったにも関わらず、佐倉想の幸せを想っていたことに純愛だと思いました。

また、青羽紬と佐倉想が再開するシーンが見どころです。

無言で逃げる佐倉想と、それを追いかける青羽紬。お互い忘れられない相手であり、青羽紬は佐倉想に話したい事が山積みなんだなと必死さがありました。

それでも、佐倉想は声が聞こえなくなり電話も出来なくなることや、好きだったのに嫌われたくなかったなどの感情がぐちゃぐちゃで、その場から逃げ出したいという気持ちで去ろうとする場面が、悲しくて切なかったです。


まとめ

ドラマ「silent(サイレント)」第1話のあらすじ、ネタバレ、感想をまとめました!

川口春奈さんが演じる青羽紬と、目黒蓮さんが演じる佐倉想との切なくもドキドキするラブストーリーに注目です。

「silent(サイレント)」の第2話は10月13日に放送されます。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました