野口祐太のインスタ顔画像!ルート設定に無理があった?ふじあざみラインバス横転

ニュース

2022年10月13日の午前11時50分ごろ、静岡県小山町の県道でバスが横転する事故が発生しました。今回、乗客が参加していたのは旅行会社「クラブツーリズム」が企画した日帰りツアーです。バス会社は「美杉観光バス」のもので、この事故により乗客1名が亡くなりました。

過失運転致傷の疑いで運転手の野口祐太容疑者(26)が逮捕されました。バス運転手・野口祐太容疑者のインスタや顔画像を調査しました。また、観光大型バスが横転した原因についても見ていきます。

小野勇のインスタとFacebook「承認欲求が強い男」自宅アパートも特定!
瀬川結菜さん(22)の死体を放置した疑いで北海道札幌市東区の無職・小野勇容疑者(53)が逮捕されました。 小野勇容疑者のインスタグラムを特定しました。また、Facebookと自宅住所も調査しました。 ...
小野勇のTwitter顔画像「いかれたポエマーおじさん」札幌・瀬川結菜さん殺害事件
北海道札幌市で22歳の女子大学生・瀬川結菜さんの遺体を放置したとして、無職・小野勇容疑者(53)が逮捕されました。 小野勇容疑者の顔画像、Twitterを特定しました。瀬川結菜さんとの関係性なども見ていきます。 ...

日帰りツアー中に観光バス横転事故の概要

きょう昼前、静岡県小山町の県道で観光バスが横転する事故があり1人が死亡、34人がけがをしました。警察は、埼玉県のバス会社の運転手を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。 警察などによりますと、きょう午前11時50分頃、静岡県小山町須走の県道「ふじあざみライン」で大型観光バスが横転しました。 バスには乗客・乗員あわせて36人が乗っていて、このうち、70代の女性1人が死亡、女性6人が大けが、28人が軽傷を負いました。 警察はバスを運転していた埼玉県飯能市の運転手・野口祐太容疑者(26)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。 捜査関係者によると、野口容疑者は「ブレーキが利かなくなった」といった内容の供述をしているということで、ブレーキの使い過ぎによる「フェード現象」がおきた可能性もあるとみられます。 また、バスを運行していた会社は埼玉県の「美杉観光バス」で、埼玉県内から富士山や駿河湾などを巡るバスツアー中でした。 現場の県道「ふじあざみライン」は、小山町から富士山の須走五合目につながる道路で、馬返しバス停近くのカーブで横転したとみられます。

引用:Yahoo!ニュース

事故発生時刻は2022年10月13日の午前11時50分ごろで、観光バスが横転した場所は、静岡県小山町須走の県道「ふじあざみライン」です。

旅行会社クラブツーリズムが企画した日帰りツアーで、埼玉県内から富士山や駿河湾などを巡る予定でした。

バス会社は「美杉観光バス」で野口祐太容疑者(26)が運転手を務めていました。

乗員・乗客合わせて36人でしたが、70代女性1人が死亡。女性6人が大けがを負い、28人が軽傷を負ったとのことです。

野口祐太容疑者は、ブレーキが利かなくなったと供述していますが警察が捜査を進めています。


野口祐太容疑者の顔画像

名前:野口祐太(のぐちゆうた)

年齢:26歳

住所:埼玉県飯能市

職業:美杉観光バスの運転手

観光バスで事故を起こした野口祐太容疑者の顔画像は現在公開されていません。

乗客36名のうち、1人が死亡、6人が大けが、28人が軽傷を負ったとされる事故を起こしてしまった野口祐太容疑者。

野口祐太容疑者は26歳という若さなので、運転技術が不足していたことや、フェード現象ではないかなどのあらゆる憶測が飛び交っています。

また、野口祐太容疑者は死傷者を出してしまったことに対して相当パニックになっていたのではないかと思われます。

業界関係者によると大型運転手は人手が足りないというのが現実だそうです。さらに、大型観光バスの運転も走行ルートによっては、若手や技術不足の運転手には難しい場所もあるとのことです。

野口祐太容疑者の技術不足は否めません。

このような事故が起き野口祐太容疑者が今後、運転することに対して恐怖心を抱いていないか心配です。


野口祐太のインスタグラム

野口祐太容疑者のインスタグラムを調査しました。

「野口祐太」で検索すると同姓同名アカウントが20件ほどありました。

1件1件確認しましたが、埼玉県在住で26歳の野口祐太というアカウントは見つかりませんでした。

野口祐太容疑者のInstagramを特定でき次第、掲載します。


事故の原因はルート設定に問題があった?

観光バスは、「ふじあざみライン」を下る途中で事故が起きたとされています。

「ふじあざみライン」は静岡県小山町から富士山の須走五合目につながる道路です。

山道なのでカーブが多い道なので、バスじゃなくても気を付けないといけないルートになります。

ふじあざみラインをGoogleアースで確認してみると

・対面通行

・車線幅が狭い

・下り勾配

・連続するカーブ

・木が生い茂っている箇所

が見受けられ、大型バスにはとてもしんどい道です。

たとえ、運転技術に優れた運転手だとしても、相当注意して走行しないといけませんし、100%事故を起こさないとは言い切れません。

さらに、野口祐太容疑者は同じコースの常務経験はなく、この日が初めてだったことが明らかとなりました。

野口祐太容疑者が経験不足だったとしても、かなり危険なルートであり常務経験のない人間に運転させたバス会社に問題があったのではないでしょうか。


世間の反応

あざみラインは最大勾配が20%に達する急坂ですが、行き止まりのピストンコースなので、登った際に勾配の様子は把握できます。普通に考えれば、下る際には排気ブレーキやリターダを適切に使うでしょうから、フェードは起きにくいと思います。フェードが起きていたかはブレーキを調べればわかりますし、運転手も存命なので、間も無く解明されるでしょう。
逮捕されることに関しては、起こしてしまった事故の大きさや死亡者が出てしまったという恐怖感から、自殺するのを防ぐためだそうです。 実名報道も微妙ですが、26歳。 大型免許取ってからなら、ストレートに取ってたとしても5年目ほど。 経験不足もあったのかな?と思います。
フェード現象が原因でブレーキが利かなくなったという可能性があるが、運転手が大型免許を取得して経験が浅いことで起こった事故だとすると、会社側の運転士の管理責任も問われることになります。バス会社も不景気で利用者が少なく、乗務員も長時間労働も当たり前の状況なので長続きしない業界です。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました