波汐國芳の顔画像・経歴「詩歌文学館賞を受賞した有名人」福島市事故

事故

11月19日に福島県福岡市の6人が死傷する交通事故を起こしたとして、波汐國芳(なみしおくによし)容疑者(97)が逮捕されました。波汐国芳容疑者の年齢は97歳という高齢にも関わらず車を運転し、多くの死傷者が出る事故となりました。波汐國芳容疑者の顔画像や経歴についてまとめました。

三川栄治朗さん殺害した犯人の顔画像・名前!「顔見知りの犯行か」(宮城県涌谷町)

河村眞之助のTwitter顔画像「シラフでは真面目」千葉県ノーマスク男

波汐國芳の顔画像

波汐國芳容疑者の顔画像が公開されています。

波汐国芳容疑者の顔画像からの印象は、普通のおじいちゃんという印象を受けます。また、背広にネクタイという服装なのでしっかりした印象です。

97歳という高齢ながら、現役で車を運転していた波汐国芳容疑者。波汐國芳容疑者を知る人からは、「いつも元気そうでしっかりしていた」と言われています。

波汐國芳容疑者は地元では有名な歌人であり、数々の功績を残してきた人物です。頭の良い方でしっかりしていたということなので、認知症などにもなっていなかったのではないでしょうか。

現代では平均寿命が延びており、97歳でも元気な方は多くいらっしゃいます。波汐國芳容疑者は「自分はしっかりしている」と自負していたことで車の運転も続けていたのではないでしょうか。


波汐國芳の経歴プロフィール「詩歌文学館賞を受賞」

名前:波汐國芳(なみしおくによし)

年齢:97歳

生まれ年:1925年

住所:福岡県福岡市

職業:歌人

波汐國芳容疑者は多くの歌集を出版している有名歌人です。

画像:波汐国芳の情報

波汐国芳容疑者の有名歌集として「警鐘」があります。波汐国芳容疑者は「警鐘」で詩歌文学館賞を受賞しています。

また、有名歌集「警鐘」の他にも、「渚のピアノ」「マグマの歌」など数々の歌集を出版しています。

画像:波汐國芳「警鐘」

1925年、福島県いわき市に生まれる。1947年、「潮音」に入社し、太田水穂・四賀光子に師事。その後「新墾」「露草」「白夜」「環」にも関係する。2010年、地域文化功労賞(文部科学大臣表彰)。現在、「潮音」選者。「白夜」選者。福島民友新聞歌壇選者。現代歌人協会会員。日本歌人クラブ東北ブロック参与。福島県歌人会顧問。歌誌「翔」編集発行人。『警鐘』で詩歌文学館賞。

引用:ブクログ

波汐國芳容疑者にはお弟子さんも何人かいるほどで、有名歌人として活躍していました。


波汐国芳容疑者「車を手放す状況ではなかった」

波汐国芳容疑者を知る近所住民によると、自宅駐車場に車を停める際は何度も切り返すなどしていたため、車の運転は危なっかしいと思われていたことがわかっています。

97歳という年齢であれば、判断能力が鈍くなります。免許更新の際に問題はないにしても車の運転はしないほうが良いとされている年齢です。

波汐國芳容疑者の奥様は、数年前に亡くなっているため免許返納をすすめる人間がいなかったことも関係しているのではないでしょうか。また、車がないと不便な土地では車利用をやめることはとても難しいことです。

子供が近くに住んでいたり、買い物に連れて行ってくれるなどがあれば話は変わります。しかし、波汐國芳容疑者が免許返納せずに97歳になっても「車を手放す」ことができなかった状況だったことは明らかです。

波汐国芳容疑者の97歳という高齢による重大事故で、多くの死傷者が出てしまったことはとても悲しくいたたまれない気持ちになります。


波汐国芳容疑者による福島市6人死傷事故の概要

福島市南矢野目で軽自動車が歩行者の女性(42)をはね死亡させた事故で、逮捕された97歳の運転手の男は、免許更新の際の認知機能検査で問題が無かったことが分かった。11月19日午後5時前、福島市で軽自動車が歩道にいた歩行者の川村ひとみさん(42)をはね、信号待ちで停車していた車3台と衝突した。この事故でこの事故で歩行者の川村ひとみさんが亡くなり、衝突された2台の車に同乗していた4人が軽いケガをした。警察は軽自動車を運転していた97歳の波汐國芳容疑者を過失運転致死の疑いで逮捕し、事故の状況を詳しく調べている。警察によると、波汐容疑者は免許更新の際の認知機能検査で問題はなかったという。

引用:Yahoo!ニュース

・事故発生時刻:2022年11月19日午後5時前

・事故現場:福島県福島市南矢野目

・軽自動車が歩道にいた川村ひとみさん(42)をはね、信号待ちで停車していた車3台と衝突する事故が発生。

・軽自動車を運転していた波汐国芳(なみしお・くによし)容疑者(97)が過失運転致死の疑いで逮捕された。

・事故で、川村ひとみさん(42)が死亡。衝突された乗用車に乗っていた4人が軽いケガをしています。

・波汐國芳容疑者の運転する軽自動車が突っ込んだ際、事故現場にブレーキ痕はなかった


波汐國芳容疑者の家族構成

波汐國芳容疑者の家族構成は以下のとおりです。

・妻(2018年~2019年頃に亡くなっている)

・東京に住む娘と息子がいる

波汐國芳容疑者の妻は2018年~2019年頃に亡くなっていることがわかっています。また、娘と息子がいますが、東京に住んでいるためたまに帰ってくる程度です。

波汐國芳容疑者は、一人暮らしをしていましたが買い物に行くにも車が必要で免許返納はできなかったのでしょう。

【もっこす社長】内田阿ソ彦のインスタ顔画像!「横領・脱税ありのブラックなラーメン屋」

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました