【もっこす社長】内田阿ソ彦のインスタ顔画像!「横領・脱税ありのブラックなラーメン屋」

ニュース

人気ラーメン店「もっこすフーズ」の社長・内田阿ソ彦容疑者(43)が逮捕されました。ベトナム人留学生らを不労就労させているという情報提供があり、もっこす社長の内田阿ソ彦容疑者は、逮捕されました。もっこす社長・内田阿ソ彦容疑者の顔画像やインスタグラムを調査しました。

六本木通り魔のジャングルラウンジ嬢はデマ!「刺されたけど元気」

牛島和彦のコンビニを特定!Facebookも調査「セブンイレブンの変態オーナー」

【もっこす社長】内田阿ソ彦容疑者を逮捕

ベトナム人留学生らを不法就労させたとして、兵庫県警は15日、神戸市を中心に「もっこす」の屋号でラーメン店をチェーン展開する「もっこすフーズ」(本社・神戸市)の社長、内田阿ソ彦(あそひこ)容疑者(43)=神戸市中央区=を入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕した。  逮捕容疑は2022年4~9月、ベトナムや中国国籍の留学生の男女3人(22~31歳)について、原則週28時間以内と定められた就業時間を超えて働かせたとしている。県警によると、週50時間以上働いていた留学生もいるとみられる。8月下旬、匿名の情報提供があり捜査していた。県警は認否を明らかにしていない。

引用:Yahoo!ニュース

もっこすフーズは、人気ラーメン店でフランチャイズ店舗を含めて計14店舗運営しています。ラーメンを食べたことのある人からは「おいしい!」「家族で良く行く」などと絶賛されていました。

留学生を多く採用していた「もっこす」ですが、不法就労させていたとして社長の内田阿ソ彦容疑者(43)が逮捕されました。

外国人留学生の就労は、原則週28時間以内と定められていますが「もっこす」ではそれ以上働かせていたことがわかっています。

警察に匿名の情報提供があったことで、内田阿ソ彦容疑者の逮捕に至りましたが、週に50時間以上働かされていた外国人留学生もいたようです。

「もっこす」によく行く客が情報提供したのか、違法に働かされていた外国人留学生が内部告発しなのか定かではありませんが、「もっこすフーズ株式会社」がブラック体質だったことは確かなようです。


内田阿ソ彦容疑者の顔画像

内田阿ソ彦容疑者のプロフィール

・名前:内田阿ソ彦(うちだあそひこ)

・年齢:43歳

・住所:兵庫県神戸市中央区

もっこすフーズ株式会社の内田阿ソ彦容疑者は「もっこす」という人気ラーメン店を複数店舗経営するやり手社長でした。もっこす社長の逮捕に世間は驚きが隠せません。

内田阿ソ彦容疑者の顔画像は現時点では公開されていませんが、公開され次第掲載します。


【もっこす社長】内田阿ソ彦のインスタグラム

もっこす社長・内田阿ソ彦容疑者のインスタグラムを調査しました。

「内田阿ソ彦」で検索しましたが、該当がありません。次に「もっこす」で検索しましたが公式Instagramがないため、内田阿ソ彦容疑者のインスタグラムの特定には至っていません。

もっこす社長としてのインスタグラムは開設していない可能性があります。内田阿ソ彦容疑者は、プライベートでインスタをやっていた可能性があるので調査を進めます。


もっこす創業者は内田哲郎

もっこすの創業者は内田阿ソ彦容疑者の父親である「内田哲郎」さんです。内田哲郎さんの顔画像はもっこす公式HPに掲載されていました。

画像:もっこす公式HP

1977年10月15日 神戸大倉山。現社長の父である内田哲郎始動により『神戸の中華そば もっこす』が誕生しました。

神戸で生まれ、神戸の皆さまに育てていただいた『もっこす』。

神戸っ子なら誰もが一度は見たことのある㋲マークでお馴染みのラーメン店です。

内田阿ソ彦容疑者の父親である「内田哲郎氏」が創業した「もっこす」は、人気ラーメン店へと進化しました。

神戸を中心に、明石市や西宮など店舗を展開しています。内田阿ソ彦容疑者は父親の跡を継ぎ経営を続けてきたようです。

しかし、内田阿ソ彦容疑者が違法行為を行い逮捕されたことで父親はショックを受けたのではないでしょうか。


もっこすフーズ株式会社は2005年に脱税していた「父親・内田哲郎が逮捕」

もっこすフーズ株式会社は、2005年に脱税をしていました。

「もっこす」の屋号で、ラーメン店を経営する「もつこすフーズ」(神戸市中央区)が、法人税約七千六百万円を脱税したとして、法人税法違反の罪に問われた同社社長被告(58)と同社に対する判決公判が二十三日、神戸地裁であり、杉森研二裁判官は同被告に懲役一年、執行猶予三年(求刑懲役一年)、同社に罰金千二百万円(求刑同千五百万円)を言い渡した。
杉森裁判官は「国民の納税意欲を失わせる反社会的な行為」と厳しく批判した。判決によると、被告は一九九九年十月期から二〇〇二年九月期までの三年間で、実際の所得が約二億六千四百万円だったにもかかわらず、売り上げの一部を隠して約四百八十万円と虚偽申告し、約七千六百万円の法人税を免れた。同社は神戸市内を中心に十店舗のラーメン店を経営。

引用:https://news19.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1111628592/l50

脱税で罪に問われた人物は「もっこすフーズ株式会社・社長(58)」となっているので、年齢を考えると、創業者である内田哲郎さんが逮捕されていたことがわかります。

内田阿ソ彦容疑者の父親であり、創業者でもある内田哲郎さん自身も脱税で逮捕されていたとなると、親子揃って違法行為に抵抗がないように感じます。


もっこす関連会社社長が横領もしていた「ブラックなラーメン屋」

2022年1月には、もっこすの関連会社の社長が不適切経理の指摘を受けたことで解任しています。

神戸市を中心にチェーン展開するラーメン店「神戸の中華そば もっこす」関連会社の男性社長が、不適切経理の指摘を受けた社内調査後に解任されていたことが分かった。関係者によると、元社長は遅くとも4年前から直営店の売り上げなどを過少に報告した疑いがあり、差額が不明になっていたという。同社は税務署に少なくとも2千万円の売り上げの修正申告を行ったとされ、神戸新聞社の取材に「経理上のミス」としている。

引用:神戸新聞

事実上の横領ですが、内田阿ソ彦容疑者は当時「横領もしていないし、修正申告もした」としています。

修正申告が済んでいるのであれば問題ありませんが、過去の脱税、横領をしてきたことを考えると色々と出てくる気がします。

今回、もっこす社長・内田阿ソ彦容疑者が逮捕されたのは外国人留学生への不法就労ですが、捜査が進んでいけば新たな脱税疑惑などが暴かれるのではないでしょうか。

関西では知らない人はいない人気ラーメン店「もっこす」はブラックなラーメン屋でした。

安井友梨の経歴と学歴!「世界選手権で圧倒的なオーラ」【情熱大陸】

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました